【開催レポート】[BiblioEi8ht#32 Re-/遺]ビブリオバトル 2017.04.16 at クリエイトホール12

 日 時:2017年4月16日[日]13:30-20:00頃【番外戦含む】
 第1〜第3ゲーム
  場 所:クリエイトホール11F第7学習室(八王子市東町5番6号)
  参加人数:26名(内バトラー15名)
 第4〜第6ゲーム
  場 所:「中町食堂」2F座敷(東京都八王子市中町2-15)
  参加人数:17名(内バトラー11名)

大変遅くなってしまいましたが、
BiblioEi8ht 2017開幕戦の開催レポートです。

さて、今回は、主宰の個人的思いのテーマが二つ
「Re-」
「遺」です。
また、告知開始2週間で、当初予定のバトラー枠が満席となり、急遽、懇親会でのバトル枠を追加しました。
しかも、26名中9名が、BiblioEi8ht初参戦。
これまでとは違う何かが生まれそうな予感です。

さて、そんな感じで始まった第1ゲーム。

まずは、テーマなしのフリーバトル。
久々復帰のRさんが、日本の髪型のカタログ的文庫を紹介、初参戦の3名が、ベンツへの憧れ、断片的なものの話、理想郷?の話を紹介するのに続いて、昨年は参加の少なかった前QUEEN of BIBLIOBATTLEが、圧巻のプレゼンでチャンプ本をかっさらっていきました。
選書といい、目の付け所といい流石です。

●第1ゲーム:フリー
1.Y.Rさん:『日本の髪型〜伝統の美 櫛まつり作品集』 京都美容文化クラブ
2.M.Tさん:『メルセデス・ベンツに乗るということ』 赤池学・金谷年展 日経ビジネス人文庫
3.M.Nさん:『断片的なものの社会学』 岸政彦 朝日出版社
4.S.Iさん:『我もまたアルカディアにあり』 江波光則 ハヤカワ文庫JA
★5.Y.Iさん:『丁庄の夢〜中国エイズ村奇談』 閻連科・著/谷川毅・訳 河出書房新社
★印は、チャンプ本

IMG_7090IMG_7092

第2ゲームは、テーマ「Re-」

Reboot, Reuse, Rebirth, Rebuild, Resurgence, Re-create,,,再び何か始まるとき。そんなテーマ

いきなり、同人誌による「ループ作品」解説から始まると、再勉強本が続きます。難しい話を難しく話すKさんは最近、解き明かすのがうまくなってきました。
そして、初参戦の二人が続きますが、初参戦とは思えぬ素晴らしい発表、そして、本への深い愛(個人的には、丹下健三の話をもう少し聞きたかった)
結局、ビブリオバトルデビュー戦のSさんがチャンプ本をゲット!
“ビギナーズラック”という言葉もありましたが、ビブリオバトルのチャンプ本は“Luck“だけではない何かがあると思います。

●第2ゲーム:テーマ「Re-」
1.S.Oさん:『本当はこのループ作品がすごい』 大阪大学SF研究会(同人誌)
2.R.Nさん:『ハッピーになれる算数』 新井紀子 理論社
3.A.Kさん:『真説 鉄砲伝来』 宇田川武久 平凡社新書
★4.M.Sさん:『約束』 石田衣良 角川文庫
5.M.Kさん:『一本の鉛筆から』 丹下健三 日本図書センター
★印は、チャンプ本

IMG_7107IMG_7110

第3ゲームは、テーマ「遺」
遺産、遺跡、遺伝子、、遺ったもの、遺したもの。人が自然が宇宙が、遺したもの、遺していくもの。そんなテーマ

ゲームを挟んでご夫妻の発表が続きます。ロックフェスとビブリオバトルの類似とは?
Kさん渾身の戦争の悲劇から、草食系男子の話、大好きなSF、社会人になったばかりの若者の短歌本と、多種多様な戦いとなりましたが、チャンプ本は、元・紀伊國屋書店系大学生バトラーが、一般開催での初チャンプ本を奪取!
就職祝いになりましたでしょうか?(笑

●第3ゲーム:テーマ「遺」
1.M.Kさん:『ロックフェスの社会学〜個人化社会における祝祭をめぐって』(叢書 現代社会のフロンティア) 永井純一 ミネルヴァ書房
2.R.Kさん:『青春の砦』 大谷直人 新潮社
3.M.Yさん:『草食系男子の恋愛学』 森岡正博 メディアファクトリー
4.S.Kさん:『第七階層からの眺め』 ケヴィン・ブロックマイヤー 武田ランダムハウスジャパン
★5.R.Kさん:『たとへば君〜四十年の恋歌』 河野裕子・永田和宏 文藝春秋
★印は、チャンプ本

IMG_7129IMG_7132

ここで、前半の部(昼の部)終了。

クリエイトホールを撤収し、飛び入り参加の2名と共に懇親会会場(夜の部)に移動します。
古民家改良の居酒屋の2F座敷を貸切状態にして、第4ゲーム、スタート!

ダーウィン、アインシュタインらの大いなる過ちを解き明かす1冊から、災害と歴史、アメコミ、週刊文春編集長の伝記と仕事の話、そして、怪しげな社長の自己啓発本と続き、編集者が紹介する編集長(直接関係ありませんが)の本がチャンプ本を獲得しました。

●第4ゲーム:フリー
1.T.Iさん:『偉大なる失敗〜天才科学者たちはどう間違えたか』 マリオ・リヴィオ ハヤカワ文庫NF
2.A.Oさん:『天災から日本史を読みなおす〜先人に学ぶ防災』 磯田道史 中公新書
3.Y.Aさん:『ジャスティス・リーグ〜誕生』 ジェフ・ジョーンズ著/ジム・リー絵/高木亮・訳 小学館集英社プロダクション
★4.K.Mさん:『「週刊文春」編集長の仕事術』 新谷学 ダイヤモンド社
5.K.Yさん:『筋トレが最強のソリューションである〜マッチョ社長が教える究極の悩み解決法』 Testosterone(テストステロン) U-CAN
★印は、チャンプ本

ここまでで予定のプログラムは終了ですが、
これで終わらないのが、最近のBiblioEi8ht。

希望者による第5、第6ゲームの始まりです。
今日2ゲーム目となる3人に初参戦の一人を合わせて、始まり始まりぃ!

知られざるマンガが得意技となりつつあるYさん、本読みたちに四の読み方を、そして、祖母が夜間中学に入る話に続いて、BiblioEi8ht初参戦で名作の紹介。そんな話だったの?と読みたくなりました。
呑みながらでも荒れすぎないBiblioEi8htの「ほろ酔いビブリオバトル」。チャンプ本は、夜間中学のお話でした。

●第5ゲーム:突発的開催
1.M.Yさん:『ガートルードのレシピ』(全2巻) 草川為 白泉社文庫
2.A.Kさん:『読書の技法〜誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門』 佐藤優 東洋経済新報社
★3.R.Kさん:『夜間中学へようこそ』 山本悦子 岩崎書店
4.Aさん:『春琴抄』 谷崎潤一郎 新潮文庫
★印は、チャンプ本

そして、さらにもう1ゲーム。
Kさんは、本日3冊目。どんだけ準備しているのでしょうか?
もう少し観戦してからと話していたFさんですが、遂に参戦。まさかのクレジットカード活用本。果たして?
結局、第2ゲームでチャンプをとってKさんと3冊目のKさんのダブルチャンプとなりました!

●第6ゲーム:突発的開催
★1.R.Kさん:『君なら蝶に』 折笠美秋 立風書房
2.K.Fさん:『絶対トクする!クレジットカード最強ガイド2017』 ゲットナビ編集部 学研プラス
★3.A.Kさん:『文体練習』 レーモン・クノー 朝日出版社
★印は、チャンプ本

そんなこんなで夜も更けていきましたが、
まさかの「1日6ゲーム」通算27冊の本が紹介されました。

今回は、やむを得ない事情でのキャンセルが2件出ましたが、どちらも1時間以内で追加募集完了。観戦でお誘いしても申し込みが増えないところを見ると、BiblioEi8htの常連さん達は無類の「発表好き」のよう。やはり、主催者の性格が開催にも表れているのでしょうか・・・(^_^;

と言うわけで、今年も参加者の皆さんに楽しんでもらえるビブリオバトルを開催していきます。
引き続き、よろしくお願いします。

以上(文責:BiblioEi8ht 五十嵐 孝浩)

追記(蛇足):
「未来に何かを遺すために、もう一度始めよう」とあることを決意したのが、テーマのきっかけです。

広告

コメントする

カテゴリー: 開催レポート

コメントは受け付けていません。