【開催レポート】 [BiblioEi8ht#36 史上最”高”]ビブリオバトル 2017.08.05 at 高尾山3

日時:2017年8月5日[土]13:00-20:00
場所:高尾山山頂および高尾山ビアマウント
参加人数:14名(内バトラー10名)
     山頂時点参加者:13名、高尾山ビアマウント参加者:12名
なぜこんなことを始めたのか?
「そこに山があるから」
かどうかは分かりませんが、思いついたら実行するのはBiblioEi8ht!
昨年、雨で山頂へ挑戦できなかったリベンジです!
(ちなみに、ビアマウントまでだった昨年もとても楽しかったですが)
と言うことでテーマはリベンジ!
BiblioEi8ht独自の規定も追加して、ダブルリベンジです。
■テーマ:【リベンジ×2】
いずれかのテーマを選択。どちらでもOK。
 ①テーマバトル「リベンジ」
 ②「未勝利本」限定ビブリオバトル(リベンジ・ビブリオバトル)
  未勝利本とは 「1度以上ビブリオバトルで発表した本で、まだ1度もチャンプ本になっていない本」
その他はビブリオバトル普及委員会の公式ルール準ず
天気予報は午後から雨。
若干の不安を抱えつつも、とりあえずは曇っているだけなので決行!
電車の遅延もなく、ギリギリなれど参加者が揃ったのGO!
(体調不良等での不参加はありました)
山頂では四阿を確保できたので、日陰に座ってゆっくりバトル!
あの大長編に再度挑戦するチャンスを訴えたBiblioEi8htデビュー戦の新人が、常連を押さえてチャンプ本をゲット!
●第1ゲーム:高尾山山頂で史上最高ビブリオバトル・その1
☆1.Y.Kさん:『スターダスト〜ローダンNEO 1』 フランク・ボルシュ ハヤカワ文庫SF
 2.M.Yさん:『夢の中 悪夢の中』 三原順 白泉社文庫
 3.Y.Rさん:『陛下』 久世光彦 新潮文庫
(☆印がチャンプ本)
第2ゲームでもデビュー戦がありましたが、ビギナーズラック、史上最悪の泥ビブリベンジを押さえて、SFミステリーを紹介した父が息子の前でチャンプ本ゲット!
●第2ゲーム:高尾山山頂で史上最高ビブリオバトル・その2
 1.S.Aさん:『日本一「ふざけた」会社の〜ギリギリセーフな仕事術』 シモダテツヤ 中公新書ラクレ
 2.S.Kさん:『2時間で走る〜フルマラソンの歴史と「サブ2」への挑戦』エド・シーサ 河出書房新社
☆3.R.Nさん:『ここから先は何もない』 山田正紀 河出書房新社
(☆印がチャンプ本)
比較的涼しい感じで、雨も降らず順調に下山。
何故かガラガラの高尾山ビアマウントでほろ酔いビブリオバトル。
(たぶん、八王子祭りの影響ですかね)
美醜をテーマにしたマンガ、謎の国、写真家本のリベンジ、そして復讐譚と言えば忠臣蔵と続きましたが、マンガと写真家がチャンプ本ゲット!
ちょっとゆっくりしてしまい30分延長して、下山です。
●第3ゲーム:高尾山ビアマウントでほろ酔いビブリオバトル
☆1.R.Mさん:『累』(1〜11) 松浦だるま イブニングKC
 2.A.Kさん:『謎の独立国家ソマリランド〜そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア』 高野秀行 集英社文庫
☆3.Y.Sさん:『メモワール 写真家・古屋誠一との二〇年』 小林紀晴 集英社
 4.T.I:『冗談新選組』 みなもと太郎 イーストプレス
(☆印がチャンプ本)
ゲリラ開催でいつもドキドキしますが、今年もなんとか開催。
飲み足りない人々と、BiblioEi8ht発祥の地「北野」で二次会して解散しました。
涼しいとは言いながらの暑い中での長丁場、本当にありがとうございました。
来年も開催したいと思います。
(なにかもう一工夫欲しいですね(^^ゞ
以上
広告

コメントする

カテゴリー: 開催レポート

コメントは受け付けていません。