【開催レポート】BiblioEi8ht#41[KoB王座決定戦とタッグマッチ・ビブリオバトル]2018.04.14 at クリエイトホール16

日時:2018年4月14日[土]13:30-17:00
場所:クリエイトホール11F第7学習室(八王子市東町5番6号)
参加人数:25名(内バトラー20名)

ようやく2018年通常開催スタート。
昨年12月3日のチャンプカーニバル以来4ヶ月ぶりです。
お待たせしました。

さて、今回は、前回のタイトルマッチで不遜にも王座返上された第4代KING of BIBLIOBATTLEの王座決定戦です。
さらには、一部で熱烈な開催要望のあったタッグマッチも併せて行われました。

なぜか遅れて参加の多い今回。じわりじわりと参加者を増やしながらスタートです。

最初の2ゲームは、通常ゲーム。
常連になりつつあるシルバー組(?すみません)Nさんが恐竜絶滅の謎に迫る1冊を紹介すれば、観戦予定からの緊急参戦のIさん(主催がお願いしてしまいました)。そんな話とは知らなかった名作。そして、寝ることが物語となる不思議なマンガから、知る人ぞ知る謎の業界誌をRさんが紹介しました。
チャンプ本は、謎への強い気持ちが伝わったかNさんの絶滅本がゲットしました。

第1ゲーム:【フツーのビブリオバトル】
☆1.M.Nさん:『絶滅のクレーター〜T・レックス最後の日』 ウォルター・アルヴァレズ 新評論
2.T.Iさん:『星への旅』 吉村昭 新潮文庫
3.U.Iさん:『魔王城でおやすみ』(1) 熊之股鍵次 少年サンデーコミックス
4.Y.Rさん:『月刊住職 2015年4月号』興山舎

第2ゲームは、主催が最近大好きな早瀬耕の紹介から、SF者KさんはハードSFの名作を紹介。最後は、意外と(失礼)経済関係本の多いYさんがニュース本を紹介。主催がチャンプ本を頂いてしまいました。すみません。

第2ゲーム:【フツーのビブリオバトル】
☆1.T.I:『プラネタリウムの外側』 早瀬耕 ハヤカワ文庫JA
2.Y.Kさん:『重力への挑戦』 ハル・クレメント著, 井上勇・訳 創元推理文庫 615-1
3.M.Yさん:『カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本〜世界経済編』 細野真宏 小学館

さて、第3ゲームは、史上3回目となるタッグマッチ。
二人で、1冊の本を5本間に紹介します。
その他は公式ルール通りですから、二人とも「読んで面白い」と思った本でないといけません。

1番目は、今回の主役とも言えるビブラヴ体現者の夫婦。演劇のような仕掛けで本を紹介していきます(劇場型ビブリオバトル、早く実現しないとですね)。続いては久々登場のTさんがパートナー(?)とともに参戦。石を集める「無能の人」を紹介。3番目は一見趣味の合わなさそうな二人ですが、Rさんの思いをKさんが受け継ぎ、その思いを伝えます。そして最後は、緊急参戦の夫婦。主催とも因縁の深い1札を紹介してくれました。ありがとうございます。
なかなか参加者が集まらず、開催も危ぶまれた今回のタッグマッチですが、最終的には、非常に魅力的な4組(すべて男女ペア)に参戦頂き、愉しい一時を過ごすことが出来ました。
本当にありがとうございました。
チャンプ本は、殺人者にまつわる1冊がゲット!タッグマッチ・ビブリオバトルの可能性を広げてくれました。

第3ゲーム:【(第3回)タッグマッチ・ビブリオバトル】
1.デンジャラス・ラブ・ゲーム(M&M.Tさん)
『危険な関係』 ピエール・ショデルロ・ド ラクロ 角川文庫
2.もぐら☆オールスターズ(D.Tさん&T.Mさん)
『無能の人・日の戯れ』つげ義治 新潮文庫
☆3.Deep than Darkness(Y.Rさん&A.Kさん)
『殺人者はいかに誕生したか〜「十大凶悪事件」を獄中対話で読み解く』 長谷川博一 新潮文庫
4.夫婦ビブリオ道(M&M.Kさん)
『TECHNODON(テクノドン)』 細野晴臣, 高橋幸宏, 坂本龍一, 後藤繁雄 小学館

本日のメインイベントは、第4代KING of BIBLIOBATTLE王座決定戦!
BiblioEi8htの強者を主催が、指名して参戦してもらいました!
単純に強いだけでなく、「BiblioEi8htっぽい人」が指名のポイントです。
一人目は、何度やっても慣れない、といいながら結構強いSさん。正直ここまでハマってくれるとは思っていませんでした。続いては、ビブリオバトル界では有名人のKさん。なんともKさんらしくない滅茶苦茶あついプレゼン!!!!(これは録画しておくべきでした)そして、自主開催の現場から飛んできてくれたYさん。BiblioEi8htに高評価を頂いていますが、それ以上に良い感じの選書と発表で盛り上げてくれています(ありがとうございます)。4番目は王座の最右翼とも言えるM館長。奥付から始まる本の物語を熱く熱く語ります!!!
そんな状況で、もう一人のMさんが遅れて参戦。息も整わないうちに発表したのはジブリの内幕本。
どれもこれも面白そうで、しかも個性的な発表が続いて、票が読めませんでしたが、なんと
なんと
なんと
なんともプロレス的展開で、最後に飛び込んできたMさんが、チャンプ本をゲット!!!
見事、第4代QUEEN of BIBLIOBATTLEとなりました。
おめでとうございます!
ビックリです。

第4ゲーム:【KING of BIBLIOBATTLE 王座決定戦】
1.S.Sさん:『私のプリニウス【新装版】』 澁澤龍彦 河出文庫
2.R.Kさん:『別冊カドカワの本 愛と幻想のレスポール』 スガ シオカ KADOKAWA
3.M.Yさん:『きもの』 幸田文 新潮社
4.R.Mさん:『本のエンドロール』 安藤祐介 講談社
☆5.K.Mさん:『誰も語らなかったジブリを語ろう』 (TOKYO NEWS BOOKS)  押井守 東京ニュース通信社

次のタイトルマッチの予定はまだ分かりませんが、そう遠くない時期に開催したいと思います。
次回は、希望者(有資格者)によるタイトルマッチとなりますので、是非とも皆さんの挑戦をお願いします。

バタバタと撤収して、
次行こう、次!

━━━━━━
[KoB王座決定戦とタッグマッチ・ビブリオバトル 第2部]ほろ酔いビブリオバトル at 穏坐
日時:2018年4月14日[土]17:30-21:00?
場所:穏坐
参加人数:13名(内バトラー6名)

懇親会は、ずっと「行く行く詐欺」していた「穏坐」さん。二次会ではよくお世話になっていました。
貸切状態なこともあり、ビブリオバトルを開催。
本番には遅刻参加だったWさんをはじめ、図書館勤めになったIさん、先程、目の前でタイトルを掴めなかったMさんが参戦。Mさんが場は違えど雪辱です!

第5ゲーム
1.U.Iさん:『ハッピーシュガーライフ』(1) 鍵空とみやき ガンガンコミックスJOKER(スクウェア・エニックス)
2.S.Wさん:『二十歳の原点 (1971年)』 高野悦子 新潮社
☆3.R.Mさん:『推しが尊すぎてしんどいのに語彙力がなさすぎてしんどい〜腐女子の感情類語辞典』 ポストメディア編集部 一迅社

懇親会2ゲーム目は、BiblioEi8ht初回からの参戦者Yさん、第4代QoB、昼間は熱かったKさん。ここまで来ても個性的なみなさんの発表で夜は更けていきました。

第6ゲーム
1.M.Yさん:『実践! 世界一ふざけた夢の叶え方』 ひすいこたろう, 菅野一勢, 柳田厚志 フォレスト出版
2.K.Mさん:『バイバイ、ブラックバード』 伊坂幸太郎 双葉文庫
☆3.R.Kさん:『キャベツにだって花が咲く』 稲垣栄洋 光文社新書

そんなこんなで今回も、1日6ゲームのハード展開でしたが、充実した1日となりました。
みなさま、ありがとうございました。

今年もよろしくお願いします。

以上

広告

1件のコメント

カテゴリー: 開催レポート

【開催レポート】BiblioEi8ht#41[KoB王座決定戦とタッグマッチ・ビブリオバトル]2018.04.14 at クリエイトホール16」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【開催情報】BiblioEi8ht#47 【全国大学ビブリオバトル2018地区予選】と[KING of BIBLIOBATTLEタイトルマッチ]2018.10.08 at クリエイトホール19 | BiblioEi8ht|ビブリオエイト